レーザートーニング

当クリニックでは、レーザー照射装置による肝斑治療施術を行っています。

レーザートーニング(肝斑治療)とは

肝斑(かんぱん)は、一般的に 30 ~ 40 代の女性に多く見られるシミの一種です。肝斑(かんぱん)の原因はまだ明らかになってませんが、経口避妊薬(ピル)の服用や妊娠、出産といった発症要因に強い紫外線が作用し発生するケースが多いことから女性ホルモンが関係しているのではないかと考えられていますが、はっきりした原因はわかっていません。また、ストレスも要因のひとつにあげられています。その他、さわりグセなどによる物理的な刺激、毛細血管の拡張なども肝斑(かんぱん)ができる原因と考えられています。

肝斑のケア

MedLite(メドライト)C6

肝斑(かんぱん)の場合、トラネキサム酸・ビタミン C などののみ薬やぬり薬、イオン導入による治療がおこなわれています。これらの治療で効果を実感するまでには、個人差もありますが一般的には数カ月程度かかります。また美白成分が入った化粧品も使い続けることで効果が期待できます。ただし、洗顔などで過度に肌をこすりすぎると、肝斑(かんぱん)が悪化することがあるので注意が必要です。

これまで肝斑の治療にレーザーは禁忌とされていました。肝斑にレーザー治療が適していなかった理由は、肝斑が少しの刺激(炎症)によってメラノサイトが活性化しやすい状態になっているため、従来の強い出力のレーザー治療をすると悪化させてしまうことがあることでした。さらに、従来のレーザー機器のレーザー照射の特有の形にもあります。従来のレーザー機器は、レーザービームの真ん中にあたる部分のパワーが一番強く、端にいくほど弱いという特徴(ガウンシアン型)をもっていました。強いレーザーパワーを肝斑(かんぱん)に照射してしまうと、肝斑(かんぱん)は炎症を起こし、しみの色が濃くなってしまいます。また、逆に弱いレーザーパワーでは肝斑(かんぱん)には効果が見られませんでした。これに対し、肝斑レーザーのビームは、トップハット型と呼ばれる平らなレーザービームなので、強弱の差がなく、フラットに均一にムラなくエネルギーを届けることが可能になったのです。 非常に弱いパワーでレーザーを当て、余計な刺激を与えることなく(炎症を起こさないように)蓄積したメラニンを少しづつ減らしていきます。

皮膚断面の照射イメージ

皮膚断面の照射イメージ

上から見た照射イメージ

上から見た照射イメージ
  • 当クリニックでは、Q スイッチ YA Gレーザー「MedLite(メドライト)C6」という医療用のレーザー機器を使用しています。
  • 広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激(炎症)を起こさせることなく、MedLite C6 によるレーザートーニングにより、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。

料金

頬部 (1 回) ¥12,000-
頬部 (5 回) ¥50,000-
顔全体 (1 回) ¥16,0000-
顔全体 (5 回) ¥70,000-

おすすめ情報

  • 当クリニックの最新情報は Twitter (@OtonoClinic) でもお伝えしております。
  • 身体に関する症状やお薬、美容に関するお悩みなどがございましたら遠慮無く ご相談メールフォーム からご相談ください。