ボトックス注射

当クリニックでは、シワの抑制や改善小顔治療や多汗症・わきがの改善、腕や足を細くするためのボトックス注射施術を行っていただけます。

ボトックス注射

ボトックス(botox)とは A 型ボツリヌス毒素から抽出した成分でアメリカにあるアラガン社の登録商標薬剤のことです。ボツリヌス毒素はその名の通り本来毒性の高いものなのですが、そこから毒性を抽出し美容治療に利用されています。ボトックスには筋肉を弛緩させる作用があることから、筋肉の作用によって作られる「表情しわ」に対して目立たなくさせる効果を発揮します。

ボトックスを注入すると筋肉の動きに関わる神経伝達物質が抑制され、しわができにくくなります。ボトックス注射はどんなシワにも効果があるというわけではなく、効果的な場所がある程度決まっています。眉間、目尻の細かい小ジワ(カラスの足跡・ちりめんじわ)、あごにできた梅干のようなシワ、鼻の横ジワなどの比較的浅い「表情ジワ」を改善するのには最適な治療です。口元の法令線(ほうれいせん)や額の深いシワ、たるみにはヒアルロン酸注入のほうが効果的です。

ボトックスを注入することで筋肉の動きを弱めて麻痺させ、シワを作る動きそのものを止めてしまうという働きがあり、シワをできにくくする予防効果もあります。効果は約1週間で現れ、3、4 か月ほど続きます。ボトックスの効果が無くなっても突然元に戻るということはなく、少しずつ元の状態に戻っていきます。

エラ(小顔)

従来の小顔治療は、骨を削ったり脂肪吸引など大がかりな手術が必要でしたが、「エラが張っている」「下ぶくれ」といった「咬筋」(物をかむ時に使う筋肉)が発達してエラが張っている場合は、ボトックスを注入することによって小顔になることができます。奥歯をかみしめてあごにグっと力を入れると、エラ周辺が盛り上がった部分がほっそりとします。顔に数箇所注射をするだけの治療ですので、治療時間は数分で終わり、腫れることもありません。

ボトックスにより「咬筋」を麻痺させ、発達した咬筋の筋肉の動きを退化させることで横に張り出したエラを抑えてくれます。 筋肉は使わないと退化していきますので、ボトックスを注入すると自然とあご、エラ周辺が小さくなって小顔になっていきます。顔にあるすべての筋肉が麻痺するわけではありませんので、注射後数日は違和感を感じることはありますが、日常生活に影響はなく歯磨き、食事も普通にできます。適正量を適正な場所に注入すれば表情がおかしくなったり顔が変わってしまうという心配はありません。

経験豊富でセンス、腕の良い医師に治療を任せる必要があります。 効果は約 2 週間程度で現れ、半年から 1 年ほど持続します。ちなみに、エラの原因が「筋肉」が張っているのではなく骨格が原因という方には小顔効果はほとんど期待できません。骨の広がりに対してはエラの骨を削る手術が必要です。

多汗症

多汗症は脇、手のひら、足の裏など、人によって症状の強い場所が異なります。多汗症とわきがは別ものですが、多汗症の方は臭いが強い傾向があり、脇の下の多汗症治療をするとわきがの症状も軽くなることが多いようです。注射をするだけで脇の下の敏感な汗腺の働きを抑えて、多汗症の症状を改善することができることから、多汗症治療にボトックス注射が広く使用されています。

わきの汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の 2 種類の汗腺から出ています。ボトックス注射は「エクリン汗腺」の働きを止めることによって汗の量をほとんど 0 にさせることが可能です。効果は半年程度ですので、持続させるには 1 年に 2 回程度の注射をすることが必要です。個人差はありますが、半年サイクルで続けると数年で汗腺が萎縮するともいわれています。

わきが

軽度のワキガのはボトックス注射をすることで脇の臭いを抑えることができます。

脇の汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の 2 種類の汗腺から出ています。ボトックス注射は「エクリン汗腺」の働きを止めることによって汗の量をほとんど 0 にさせることが可能です。ボトックス注射は多汗症にはとても効果があり、軽度のワキガの臭いを抑えることは可能ですが、ボトックスが作用するのは汗を出す「エクリン腺」だけで「アポクリン腺」には作用しないので、強いワキガの臭いを抑える効果はほとんどありません。

「アポクリン汗腺」は体臭を出す腺として機能していますので、ワキガの臭いが強い方はアポクリン汗腺が多い体質で、ワキガを根本的に直すにはアポクリン汗腺を除去する必要があります。強い臭いのワキガを完治させるためには、アポクリン腺やエクリン腺を取り除く切開手術がいちばん効果があります。

ふくらはぎ

激しいスポーツなどでたくましくなりすぎたふくらはぎの筋肉にボトックス注射をすることにより、スラリとした細い足にすることができます。ヒールの高い靴を履いた時に子持ちシシャモのようにボコッと筋肉がコブのように出てしまうふくらはぎが気になる方におすすめです。

ボトックスを注入すると筋肉の神経を麻痺させて筋肉が使われないようにし、ハリを押さえる働きによって、スラリとした女性らしい美脚になります。ふくらはぎは皮下脂肪がつきにくい場所ですので、ボトックスで筋肉の働きを弱めると簡単に細くなります。

治療直後は足がもつれるような感じがしたり足が疲れやすく感じたりすることもありますが、歩いて帰宅できます。2、3 日は激しい運動を控えなくてはなりませんので、体を動かしたり営業職で歩き回る、という仕事をしている方は連休などの休み中に治療を行ったほうが良いと思います。ふくらはぎを使う運動を頻繁に行うと効果が長持ちしませんので、ボトックス注射後はふくらはぎを使う運動は控え目にしたほうが良いでしょう。

足を細くするというよりはコブのように盛り上がった筋肉のハリを抑えるという治療ですので、脂肪が多い足を細くするという効果はありません。効果は個人差はありますが、半年から 1 年程度ですので持続させるためには定期的な治療が必要になります。

料金

眉間 ¥25,000-
目尻 ¥30,000-
¥35,000-
エラ ¥60,000-
ワキ ¥80,000-

おすすめ情報

  • 当クリニックの最新情報は Twitter (@OtonoClinic) でもお伝えしております。
  • 身体に関する症状やお薬、美容に関するお悩みなどがございましたら遠慮無く ご相談メールフォーム からご相談ください。