フラクショナルCO2レーザー

当クリニックでは、シネロン・キャンデラ社製の最新式炭酸ガスレーザー機器(CO2RE)を用いて、安全性に配慮した治療を行っています。

フラクショナルCO2レーザーとは

シネロン・キャンデラ社フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザーとは自らの皮膚を再生する力を利用して新しい美肌を再生させる、言い換えれば『新しい肌にリニューアルする』治療法です。

まず、CO2レーザーにてお肌に小さな穴を開け意図的に傷を作ります。その傷を治そうとして皮膚の自己再生機能が働き、古くなった角質を除去し新しい皮膚へ入れ替えていきます。この肌のターンオーバーを促進させお肌全体を新しく作り変えていきます。
また、ダメージを受けた皮膚は創傷治癒過程においてコラーゲンの新生・増殖が起こるのでで、肌の弾力が戻り肌細胞を内側から若返らせることができます。その結果皮膚が収縮し毛穴が引き締まりハリのあるふっくらした肌へよみがえることで、たるみが改善しリフトアップ効果も期待されます。

皮膚の照射イメージ

皮膚断面の照射イメージ

レーザー光線を点状のビームに分割して照射すると皮膚の深いところまで細かい穴が開きます。

皮膚上の照射イメージ

Light モード、Mid モード、Deep モードと Fusion モードがあり肌の状態により 4 つのモードを使い分けます。設定するとそれぞれをレーザー機器が全自動で正確に照射します。アンチエイジングや肌質改善目的では、全体に軽めの照射を行い、肌表面の凹凸やシワ・たるみの部分などには強めの照射を行っていきます。

症例

症例イメージ1
症例イメージ2
適応症状

ニキビ跡 (クレーター状の陥凹)、毛穴の開き・凹凸、皮膚のシワ・たるみ、肌のハリ、肌の色調改善 (シミ・そばかす・くすみ・くま)、ホクロ、イボ、スキンタッグ、ダーティーネック、毛孔性苔癬、汗管腫、妊娠線、肥厚性瘢痕

注意

軽めの照射では、麻酔は必要ありません。強めの照射では、治療前に麻酔ジェルを塗って痛みの軽減を行うので、照射時の痛みはほぼありません。個人差がありますが、チクチクとした刺激を感じる程度です。

照射設定によっては、施術後の赤み、腫れ、場合によっては点状出血や浸出液などが出ることがあるため、保湿と創部ケアが必要です。日焼けもしないでください。

軽めの照射で 1 〜 3 日程度、強めの照射で 1 〜 2 週間のダウンタイムは考慮してください。

肌の状態や希望にもよりますが、1 〜 2 ヶ月ごとに 3 〜 10 回の施術を行うのが理想です。

料金

ホクロ、角化症取り (1 箇所) ¥2,000-
顔全体 (1 回) ¥50,000-
両頬部 (1 回) ¥3,0000-
前額部 (1 回) ¥20,000-
鼻、眼の周り、口周り (1 回) ¥10,000-
顔から下(7×7㎠) (1 回) ¥20,000-

おすすめ情報

  • 当クリニックの最新情報は Twitter (@OtonoClinic) でもお伝えしております。
  • 身体に関する症状やお薬、美容に関するお悩みなどがございましたら遠慮無く ご相談メールフォーム からご相談ください。