ピコレーザー

ピコレーザーとは、従来のシミ治療に使われている Q スイッチレーザーが照射時間が 10 億分の 1 秒であるナノ秒レーザー (Qスイッチレーザー) というものに対して照射時間が 1 兆分の 1 秒 (ピコ秒) と極めて短い時間で照射できるレーザーです。

ナノ秒レーザー (Qスイッチレーザー) は熱エネルギーによってメラニン色素を破壊していましたが、ピコレーザーは、衝撃波によってメラニン色素を砕きます。衝撃波を用いることで、これまでよりも細かくメラニン色素を破壊することができ、また周囲の肌組織にダメージを与えることなくシミをピンポイントで除去することが可能になりました。

皮膚組織内のメラニン色素の様子

ピコレーザーの衝撃波によるメラミン色素減少のイメージ図

イメージ図

当院で採用しているピコレーザー

PicoWay
3つのアドバンテージ
  • 業界初の波長 730nm のほか、波長 532nm・1064nm を 1 台に搭載しています。
  • 730nm は業界最短のパルス幅 246ps。532nm は、294ps、1064nm は、339ps のパルス幅で照射します。
  • 高いピークパワーにてターゲットを細かく粉砕できます。
アドバンテージ図

Qスイッチレーザー(ナノ秒レーザー)との比較

PicoWay ピコレーザー Q スイッチレーザー
ピークパワー 20 〜 50 倍 1
レーザーの作用 主に Photo-Acoustic (光音響効果) Photo-Acoustic と高熱作用 (高熱作用と光音響効果)
具体的な反応 主に振動による破壊 主に熱膨張による破壊
パルス幅 応力緩和時間を考慮 熱緩和時間を考慮
治療回数 少ない 多い
瘢痕のリスク 比較的少ない 比較的高い
色素脱失のリスク 比較的低い 治療回数とともに高まる
ピコレーザー施術により期待できる効果
  • シミ、ソバカス、美白、くすみ、色ムラの改善
  • ニキビ跡、毛穴の開き、キメ、ハリ、つや、肌質改善
  • タトゥー、アートメイクの除去
ピコレーザー施術のメリット
肌へのダメージが少ない

肌へのダメージが少ないことが特徴です。1 兆分の 1 秒単位で照射するため、熱による肌への負担がほとんどなく、施術中の痛みも強くありません(全く無痛というわけではありません)。

施術後のダウンタイムが少ない

ダウンタイム (レーザー照射後に赤み、腫れ、皮下出血などが発生しその後肌が元の状態に戻るまでの期間) が Q スイッチレーザーなどよりも圧倒的に短いです。

ピコレーザーのデメリット
  • 従来のレーザー治療と比較して費用が若干高くなります。
  • 従来のレーザー機器より痛みは少ないとされていますが、全くないわけではありません。また、照射後の熱傷発生や色素沈着の可能性もゼロではありません。

ピコレーザーの照射モード

ピコレーザーには、以下 3 つの照射モードがあり、これらの照射モードを使い分け、あるいは同時に行う (コンビネーション照射) ことで一人ひとりの肌の悩みに合わせた治療を行えるのが利点があります。

ピコトーニング

肌細胞に刺激を与えずにメラニンの破壊を促します。顔全体に照射することで、顔全体のメラニンの生成を抑えて美白と肌質改善しみやくすみ、色ムラなどが一度に治療でき、総合的な美肌効果が期待できます。

イメージ図1 イメージ図2
対象 肝斑、そばかす、美白、くすみ、色むら、炎症後色素沈着
ピコフラクショナル

フラクショナル (点状) に高密度のレーザーを照射することで真皮層に働きかけてコラーゲンなどの弾性繊維の生成を促進し新しい皮膚への再生を促します。従来の CO2 フラクショナルレーザーは痛みが強くダウンタイムが長いデメリットがありましたが、ピコフラクショナルは肌のダメージを最小限に抑え深部にのみエネルギーを届けるため痛みやダウンタイムが少ないことが特徴です。

イメージ図3 イメージ図4
対象 毛穴の開き、ニキビ跡、キメ、ハリ、つやなどの肌質改善
ピコスポット

日光性色素斑 (いわゆるシミ)、ソバカス、タトゥー・アートメイクなどの色素を衝撃波で非常に細かく粉砕するため治療効果が高く、また従来の Q スイッチレーザーとくらべ熱作用がほとんどないため炎症後色素沈着を起こしにくいのが特徴です。

イメージ図5 イメージ図6
対象 濃いしみ、タトゥー、アートメイク

料金

ピコスポット 1 回 (顔シミ取り放題) ¥10,000-
ピコトーニング 1 回 ¥20,000-
ピコフラクショナル 1 回 ¥30,000-
コンビネーション (フラクショナル+トーニング) 1 回 ¥40,000-

おすすめ情報